TRESTLES

CONTENTS
HOME
CONTACT
TRESTLES
サービス・料金
新車
中古車
PARTS
TIPS
GALLERY
SOUND
FAVORITE
RACE
LINKS

FAVORITE
■ 私の好きなもの
Ducati Racing Panta TT2 CLICK!
トニーラッターのライディングで81年より4年間もの間TTF2選手権のチャンピオンマシーンのコピーの市販レーサー。600SLをベースにしながらもモンジュイカムのルーツになるカムシャフトをさらにタイミングを早め各部に軽量加工されたパーツ類でレーシングスペックで組み立てられたエンジンは597CCながら78馬力を10500RPMで絞り出す。ベルリッキのフレーム、マグホイール、マグ、のFフォーク、フローティングローターなど軽量と性能に神経を集中させマシーンを製作。特にエンジンのフィーリング、軽さ、美しさは感動に値する。 (40 Pics)
Ducati Montjuich CLICK!
1986年バルセロナの丘の名前であるモンジュイと命名されたパンタモデル最高峰のモデル。カタログスペックではなんと95PS!!車重はノーマルモデルのパンタの175Kgに比べ18Kgも軽い157Kgである。NCRの7番と呼ばれるレーシングカムシャフトと同じモンジュイカムを装着。アイドリングが不安定だが回転を上昇させカムに乗ってくるとライダーを魅惑の世界に導いてくれる。200台の限定生産で129台がなんと村山モータスを通じて正規に日本に輸入され現在も収まるべきところに収まり程度の良い車両が市場に出回ることはごくごくまれである。この車両は当時装着されていたインターミディーと呼ばれるFに12/60−16 Rに18/67−16のタイヤを履いたまま休眠していたものである。バックミラーの取り付け穴すら開いていないカウルなど当時を思い知ることができるオートバイである。 (17 Pics)
Ducati 748RS CLICK!
Ducati 748RS 2000年に発売された748Rの市販レーサー。2000年、2001年、2002年式と各1台のみ日本に生息。このオートバイいわゆるドゥカティモーターからではなくドゥカテイコルセよりデリバリーされる本物のRSである。一見すると748Rをうまくカスタムしてあるぐらいにしか見えないがよくみるとまったく別ものであることに気が付く。
12400rpmまで回すことを許されたエンジンは官能的ですらある。ソフトウエイ(パーツリスト)にも掲載されていない幻の2002年型である。2001年冬イタリア本社に於けるサービストレーニングで本社に訪れたとき10数台ほど真っ黒い748RSが出荷を待っていた。その中の最後の1台が日本に輸入された。 (18 Pics)
Yamaha SR CLICK!
日本を代表するビッグシングル500ccを搭載するオートバイ。エンデューロレーサーTT500を先祖に持つこのバイク発売から20数年経つ今も販売されているヤマハの名器。子供の頃から好きなオートバイでこの仕事を始めるきっかけになったオートバイ。 (1 Pics)
1974年 Ducati 750SS CLICK!
1972年のイモラレーサーのレプリカモデルとして製作された1974年型750SS。ラウンドケースのエンジンを心臓部に搭載したDucatiの代表作。30年ほど前のオートバイであるが現在でも十分通用する美しさを備えている。イモラレプリカと呼ばれるとこのオートバイ、当時の輸入元である村山モータスが輸入した10数台の中の1台。10数年の長い眠りから2002年冬のモトルネッサンスで目を覚ました。厚化粧されたいわゆる化粧美人ではなく枯れた良さが残るオートバイ。 (23 Pics)
Ducati Supermono CLICK!
Ducati supermono Ducati 本社のムゼオ見学で説明を受けた言葉がジュエリーオブドゥカティ。その言葉がまさに当てはまるほどとても美しく官能的で機能的なオートバイ。タンブリーニ指揮下のもとにテルブランチがデザイン。モトGPチームのドメニカーニがフレームデザイン。天才技術士ボルディがツインエンジンのコンロッドを残しつつスーパーシングルのエンジンを製作。シングルレースで沢山の勝利を手にしながら92年の発表以来市販化を期待されているオートバイ。私の知る範囲で日本に550cc、570ccで7台生息。このオートバイは後期型570cc新車で輸入、サンデーレースで数戦使用、チームファンデーションにて全体的にフルOH後参加するサンデーレースがない為眠りについている。 (13 Pics)
Aermacchi CLICK!
Aermacchi Harley-Davidson 今はなき会社であるが現カジバの本社に看板が残る会社。OHVながら10000rpmも回るエンジンを搭載する60年代の名車。市販車、市販レーサー、ワークスレーサーなど沢山のカテゴリーがあったが私の好きなものは250ccのこのCRTTと呼ばれる市販レーサー。このオートバイでライディングを覚えたようなものである。 (1 Pics)
(C) 2003 TRESTLES PAGE TOP